海外FXのハイレバ使って2週間で+125%達成|ハイレバ凄すぎる

2018年11月13日

お金が増える

11月から海外FXのハイレバを使ってどこまで資金を増やせるか検証し始めました。

まだ2週間しかたっていませんが、無事+100%超えを達成することができました。

使用しているのは自作のEA(自動売買ツール)の1つです。

検証を始めたきっかけ

検証に使っている口座は、海外業者(XMTrading)のスプレッドを検証(ゼロカット無しの国内FX業者で運用する意味が分からなくなったので本気で追及する)するために増設した口座です。

自作EAの1つを低ロットで運用して、10月23日~10月31日でスプレッド検証は終了しました。

 

検証に使ったEAは別口座で本稼働しているもので、10月を27連勝で乗り切ったものです。

そこで11月1日の途中からロットを上げてハイレバ状態にして、今度は「どこまで資金を増やせるか試したら楽しそうだな」と思い、検証に入りました。

 

評価

+100%超えまでの推移

序盤が横這いなのは、前述のスプレッド検証をしていた期間です。

11月1日の途中からロットを上げたので、そこから急上昇を始め11月13日の朝には無事+100%を超えました。

期間中は無敗でしたが、ドローダウン(含み損)は20%近くに達しました。

ただ、2週間で125%上昇するためのドローダウンが20%ならそんなに悪い数値ではありません。

MyFxBookの結果

 

 

期間中のトレード結果

スプレッド検証期間を除外すると15連勝でした。(参考までにスプレッド検証期間は9連勝)

 

考えたこと

低リスクで運用することに対しての疑問

私はかなりリスク回避的な性格なので、教科書通りに1回の損失は資金の2%以内に抑えるように運用してきました。

低リスク状態で少しでもリターンが増えるように考えるイメージで、「年率50%行けばかなり嬉しい。」というタイプです。

ただ、年率50%を安定的に達成するのはかなり難易度が高いです。

仮にそれができた場合に、例えば運用資金100万円から開始すると・・・

  • 1年後・・・150万円
  • 2年後・・・225万円
  • 3年後・・・約338万円
  • 4年後・・・約506万円
  • 5年後・・・約759万円
  • 6年後・・・約1139万円
  • 7年後・・・約1708万円
  • 8年後・・・約2563万円
  • 9年後・・・約3844万円
  • 10年後・・・約5767万円
  • 11年後・・・約8650万円
  • 12年後・・・約1億2975万円

1億円を超えるのが12年後です。

分かりやすいように100万円と設定しましたが、1000万円で開始しても6年連続で年利50%を達成する必要があります。

 

元の資金が少なければ普通に考えて1億円は達成できない

100万円から始めて億の資産を持つには、12年の平均年利が50%を達成する必要があったわけです。

これはかなり非現実的な数値ではないでしょうか。

12年もの間、マーケットに対して優位性を持ってトレードし続けられる人がどれだけいるでしょうか?

さらに、一般家庭なら1年につきおよそ300万円程度の出費がかさみます。

 

専業トレーダーの場合

例えば「専業トレーダー+年利50%+100万円開始」は、「1年目から(収入50万円、支出300万円)」となり、最初から破綻しています。

専業なら1000万円開始(収入500万円、支出300万円)がギリギリラインですね。

  • 1年後・・・1500万円 – 300万円 = 1200万円
  • 2年後・・・1800万円 – 300万円 = 1500万円
  • 3年後・・・2250万円 – 300万円 = 1950万円
  • 4年後・・・2925万円 – 300万円 = 2625万円
  • 5年後・・・約3938万円 – 300万円 = 約3638万円
  • 6年後・・・約5456万円 – 300万円 = 約5156万円
  • 7年後・・・約7734万円 – 300万円 = 約7434万円
  • 8年後・・・約1億1151万円

 

兼業トレーダーの場合

「兼業トレーダー+年利50%+100万円開始」の現実的なラインを考えます。

兼業トレーダーなので、支出は給料から賄い、1年間に50万円を投資に上乗せできる設定にします。

  • 1年後・・・150万円 + 50万円 = 200万円
  • 2年後・・・300万円 + 50万円 = 350万円
  • 3年後・・・525万円 + 50万円 = 575万円
  • 4年後・・・約863万円 + 50万円 = 約913万円
  • 5年後・・・約1369万円 + 50万円 = 約1419万円
  • 6年後・・・約2128万円 + 50万円 = 約2178万円
  • 7年後・・・約3267万円 + 50万円 = 約3317万円
  • 8年後・・・約4976万円 + 50万円 = 約5026万円
  • 9年後・・・約7539万円 + 50万円 = 約7589万円
  • 10年後・・・約1億1383万円

10年かかってしまいますが、兼業なので生活は安定しています。

ただ、兼業で10年連続で年利50%を維持するのはかなり難しいです。

 

今後の方針

ハイレバも必要では?

個人投資家であれば、誰しも最初は資産1億円超えを目指すところがスタートだと思います。(私もそうです。)

1億円達成までのロードマップを考えた時に、前述してきた通り低リスク状態では達成が困難なのではないかと考えました。

先ほどの設定では常にプラスになるように考えてきましたが、途中で「〇〇〇ショック」などの発生で大幅に資産が減少する可能性もありますし。

 

そこで、新たに考えるのがハイレバとの兼用です。

闇雲にハイレバにするわけではなく、一時的にでも強いエッジ(優位性)を持った売買ルールがあればハイレバ運用してみるということです。

 

理想的なロードマップ

「ローリスクでの運用90%」、「ハイリスクでの運用10%」にして、ハイリスク側は資産を溶かしても良いと考えてみます。

溶かしてしまったら、また資金を準備してチャレンジすれば良いですし。

例えば100万円入金して1億円チャレンジする。失敗したらまた100万円を入金してチャレンジする。

12年連続で50%達成するより現実的に感じます。(もちろん入金した資金は全て失う覚悟が必要ですがw)

 

ハイレバ+限定されたリスクの実現

日本ではレバレッジ規制で25倍が限度ですし、今後10倍になるのでは?などと噂されている状況です。

さらに、ハイレバでトレードするには*ゼロカット(急騰急落で万が一マイナスになった場合でも借金にならないシステム)が必須ですが、日本の業者ではゼロカットシステムがありません。

海外業者の有名どころでは「500倍以上のレバレッジ+ゼロカット有り」が殆どなので、必然的にそちらを選択することになります。

 

今回の実験ではXM Tradingの「Zero口座」を使っていて、約定力は問題なくスプレッドも確かに最狭なのですが、代わりに売買毎に手数料がかかります。

この点は日本の業者よりも不利な部分なのですが、日本では夢は見れないのでやはり海外業者を選択するしかありません。

私が現在利用している海外業者は以下です。

 

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました。

今後もハイレバでのチャレンジは継続していきます。

今回のチャレンジの結果は、「ハイレバ検証125%→???|ハイレバある意味凄すぎる」をご参照ください。

 

使用している自作EAも、時期が来れば公開していこうと思います。

自作EAに興味がある方は、「メタトレーダー(MT4/MT5)で自動売買するための事前準備(第1回)」をご参照ください。

プログラムが未経験の方は、「初心者でも分かる!MT4/MT5のプログラミング入門|MQL入門(1回目)」から見ていただけると分かりやすいかと思います。

公開済みの自作EA

押し目エントリーのEA作成(第5回)

MT4/MT5の無料EA第2弾

FXチャートのラインブレイクを自動で通知する|無料EA第3弾

MT4でフィボナッチラインブレイクを自動で通知する|無料EA第4弾