脱サラして分かったトレーダーなのにブログを書く理由

2018年10月29日

何故?

「この手法なら絶対勝てます!」「勝率90%以上です!」

このような見出しにも関わらず、ブログの中身はアフィリエイトや広告だらけで「この人は本当に儲かってるの?」と疑問に思ったことはありませんか?

この謎を解き明かしていこうと思います。

実際はトレードで十分に儲かっていない

例外はありますが、殆どがこのパターンに属します。

広告が無いほうが記事は見やすいです。

誰が考えても当たり前の事なのに、何故「この手法なら勝てる!」と言っているようなトレーダーがアフィリエイトリンクを貼ったり広告を貼ったりメルマガ登録への誘導をするのでしょうか。

答えは、「トレードだけでは十分に儲かっていない。」からです。

 

トレードで十分に儲かっていないパターンには何種類かあります。

  • そもそもトレードをしていない
  • トレードしているけど負けている
  • 少し勝っているけど生活していくには不安

 

そもそもトレードをしていない

完全なアフィリエイト狙いです。

証券会社の口座開設はアフィリエイト報酬も高めなので、「トレードをやったことが無い人/昔やっていた人」からしても狙い目です。

この場合は、ブログ自体がメインの活動であるため、記事の完成度が高いです。

通常のトレーダーに比べて記事の質が高く、その他SEO対策もしっかりしているので、検索上位になることが多いです。

 

トレードしているけど負けている

トレードで負けているので、ブログから収入を得ようとするパターンです。

負けているのに勝っているフリをしているパターンも含みます。

数字や画像は簡単に加工できますので、本当に勝っているかは本人にしか分かりません。

 

少し勝っているけど生活していくには不安

私はこのパターンです。

脱サラしてふと思ったのは、収入が大きくは3つに分かれるということです。

  1. 毎月大きくプラスになる収入
  2. 毎月マイナスにはならない収入
  3. 毎月マイナスになるかプラスになるか分からない収入

「1.」は会社勤めすることで、「3.」は投資に該当します。

「2.」は経費が限りなく小さいものです。正確にはマイナスにならないとは言い切れませんが、ブログなどが該当します。

 

よく考えてみましょう。

 

例えば、兼業トレーダーの時に「1. 毎月大きくプラスになる収入」と「3. 毎月マイナスになるかプラスになるか分からない収入」だったとします。

脱サラして専業トレーダーになると、「3.」のみになります。

 

1ヶ月に生活費として20万円かかるパターンを考えましょう。

[1ヶ月目]
40万円の利益、生活費20万円引き落とし
月の収支:+20万円

[2ヶ月目]
14万円の利益、生活費20万円引き落とし
月の収支:-6万円

[3ヶ月目]
10万円の損失、生活費20万円引き落とし
月の収支:-30万円

・・・・・・・

 

3ヶ月時点でどうでしょうか?

投資の利益では、+44万円となっていてそんなに悪い数字ではありません。

しかし、生活費の引き落としを考えると-16万円になってしまいます。

 

こんな状態では安心して生活することができませんし、先行きが不安になってしまいます。

養うべき相手がいればより難しいでしょう。

更に、マーケットの状況が変わりポートフォリオが機能しなくなったり、急騰急落で大きなマイナスになる可能性もあります。

 

だからこそ、「2.」であるブログのようなマイナスにならないビジネスも手掛けるのです。

「1.」、「2.」、「3.」を全てやっている方は、収入源のポートフォリオが最も素晴らしいと思います。

 

マーケットなら「株、債券、商品」などなど。自動売買なら自動売買ソフトの組合せでポートフォリオを組みますね。

それと同じです。

もう少し大きなカテゴリで、「会社勤め、ブログ、投資」という形式のポートフォリオを組んでいることになります。

 

情報を発信することで得られるものがある

電球

適当な情報は書けない

外に情報を発信するということは、適当な事を書けないということです。

仮に最終的な結論が誤っていたとしても、自分なりに「調査→検証」をして、正しいと思う情報を発信します。

通常であれば、ある程度だけ理解しておけばよいことでも、発信するためにより深く調査するということです。

これは、ブログを書いてみて本当に良かったなと思った部分です。

 

新しい知見を得られる可能性がある

情報を発信したことで、関連する新しい情報をいただけたり誤りを指摘いただけることがあります。

これは本当に重要なことだと思います。

私が持っている情報の9割は外に発信しても全く影響のない情報ですので、出せるものは全部出して新たな情報の糧にしたほうが良いと考えました。

 

トレーダーは孤独だから

少なくとも私は、トレードに関して孤独です。

例えば直近の2ヶ月を振り返ると、新しいタイプのEAを作成するために450時間ほど「EA作成→検証」を繰り返していました。

その間、外への情報発信は一切行わず、ひたすら作業していた感じです。

結果としては良い作品が完成しましたが、1ヶ月半経過時点では最悪のコンディションでした。

精神的に疲弊して少し不眠になり、帯状疱疹にもなりました。

 

1日も休むことなく1ヶ月半考えて何も結果を得られないわけですから。。。

もちろん、その作業に対する収入もゼロです。

サラリーマンであれば結果を出さなければ怒られますが、収入は得られるのでとても楽だったなと思いました。

こういった内容も、一人で抱え込まずにEAのアルゴリズムの情報などを発信しながらやっていれば精神的にも楽だったと思いますし、ヒントを得られてより良いものが完成したかもしれません。

 

最後に

後半は主観による内容が多くなってしまいましたが、「トレーダーなのにブログを書いている理由」の1つの側面はとらえられたのではないかと思います。

私の場合は、「投資で少し勝っているけど生活していくには不安で収入源を増やしたい、かつ情報発信で得られる効果が沢山ある。」からブログを書いています。

続編は「ブログを2ヶ月続けてみたら時給がマイナス6円だった件」をご覧ください。

 

少し話はずれますが、トレーダーは投資において「絶対XXXX」という発言はしません。

そういった見出しの記事は、多くが誘導目的のみとなりますのでご注意ください。

 

投資の自動売買に興味がある方は、「自動売買の選択肢を考える(第3回)」をご覧ください。